学校案内

校長メッセージ

サンプル画像

 楊志館高等学校
  校長
 中村 章徳

 昭和28年、創立者の後藤松夫先生は戦後日本の復興を目指し、荒廃した世相にこそ教育が重要であるとの信念のもと、「大分桜丘高等学校」を設立しました。桜の名所を学舎の背景に持ったことにその名の由来があります。それ以来この誉れ高き名称は、多くの方々に親しまれてまいりました。
 その後、幾多の変遷を経て、更なる充実を期し、平成8年、全国にその名を馳せる高校へとの祈りと、生徒自らの「志」を高く持ち、伸ばし続けるようにとの願いで「楊志館高等学校」と校名を変更し、今日 に至っております。常に時代の動向を的確に見極め、機敏に反応し、生徒・保護者の希望や地域社会の要望に応え、積極的に行動してきました。本校は5学科8コースから編成されております。コース制を縦糸に、学年制を横糸にして織りなす教育活動は、学年としてのまとまりを重視しながら、コース制の特色を生かして、コースごとの縦割りのカリキュラムを3年間(5年間)で履修できるようにしています。
 本校は、創立以来「有徳の学園」づくりに取り組んでいます。時代が変わろうとも「徳育の尊さ」を追求することこそが、本校の永久不変の教育目標なのです。こうした取り組みの中、生徒は文化・体育の両面で目覚しい活躍をしています。
 ここ楊志館高等学校で学ぶことにより、個々の持てる無限の可能性が大きく花開き、「夢の実現」に向かって前進できるものと確信しています。

【建学の精神】
広く産業経済界に有為な人材を育成し個性豊かな子弟を送り出す

【教育方針】
形から心を養う実学教育

【校是】
礼儀  ・ 感謝 ・ 奉仕

永久不変の教育目標

知-徳-体

有 徳 の 教 え
「 有 徳 の 学 園 づ く り 」 を 掲 げ
「 知 ・ 徳 ・ 体 」 の バ ラ ン ス を 重 ん じ た
人 間 形 成 を 目 標 に し て い ま す 。

基礎学力の向上

基礎学力の向上
本校独自の教育課程により生徒個々の能力に応じた学習指導のもと、3年先の進路を見据えて基礎学力を身につけます。

瞑想の時間

瞑想の時間
本校では、授業が始まる前に瞑想の時間を取り入れ、挨拶や身だしなみ生徒の心のありようを重視した取り組みを行っています。

情操教育の充実

情操教育の充実
斬新な教育課程のもと、一人ひとりの個性を伸ばし、思いやりのある優しい心を持った生徒を育成するため、数多くの情操教育の機会を作っています。

道徳教育の強化

道徳教育の強化
現在、社会に最も必要な「礼儀・感謝・奉仕」の精神を理解させ、人間性豊かな教育を行っています。

楊志館高等学校のあゆみ

昭和22年 4月 後藤簿記・珠算塾開設
昭和23年 4月 大分高等経理学校を設立、後藤松夫校長就任
昭和28年 3月 学校法人大分桜丘高等学校に組織変更
       大分桜丘高等学校に商業科を設置
昭和29年 4月 普通科、土木科、建築科を増設する
昭和30年 9月 学校法人後藤学園と法人名を改称
昭和33年 7月 大分実業高等学校と校名変更
       電気科を設置
昭和35年11月 自動車工業科、経営工業科を設置
昭和38年10月 学園創立15周年記念式典挙行
昭和48年12月 学園創立25周年記念式典挙行
昭和51年 7月 後藤松夫理事長逝去、後藤尚武理事長就任
昭和52年10月 学園創立30周年記念式典挙行
昭和53年 3月 大分桜丘高等学校と校名変更
昭和58年10月 学園創立35周年記念式典挙行
昭和59年 4月 調理科設置
昭和62年10月 学園創立40周年記念式典挙行

昭和63年 4月 福祉コース新設
平成 3年11月 学園創立45周年記念式典挙行
平成 8年 4月 大分桜丘高等学校を楊志館高等学校と改称
       10月 学園創立50周年記念式典を挙行
平成10年 4月 キャリアライセンスコースの前身となる
        総合文化ライセンスコースを新設
平成13年10月 学園創立55周年記念講演会・祝賀会挙行
平成14年 4月 工業科マルチエンジニアコースに再編
平成15年10月 開校50周年記念式典挙行
平成17年 4月 普通科に全国初の高校・専門学校一貫5年制の
       医療事務特別コース新設
平成18年 5月 学園創立60周年記念式典・講演会を挙行
平成19年 8月 野球部甲子園初出場・ベスト8進出
平成20年 4月 医療系特進コース、エステティックコース新設
平成23年 5月 学園創立65周年記念行事開催
平成28年 4月 医療系特進コースを進学コース・医療事務コースに改編 
        造形文化コースをキャリアライセンスコースに改編