学校案内

藤華医療技術専門学校の特徴

1. 広大なキャンパス
 本校は、看護・助産棟、そして講堂やホールがゆったりと配置されている看護助産学館に加えて、公立高校の跡地をそのまま再生したリハビリ学館があります。放課後は、広大なグラウンドや体育館などでスポーツ活動を行っています。

2. 充実したサポート

 本校では、学生が学修に専念し、安定した学生生活を送れるよう、徳育推進員会を中心に有徳の学園づくりに努めています。この方針に基づいて、教職員全体がきめ細やかな学生支援を行います。

3. 充実した教育設備

 先端的な医療教育の場にふさわしい、充実した学習環境・ 研究設備が用意されています。また、臨地(床)実習の前に専門的な技術を学べ、学生の自主的な学びの場としても開放されています。

4. 就職率100%

 本校では、専任職員を配置して、進路への適性について、キャリア発達の観点から学生を支援するとともに、学生の就職に関する意向の把握、就職活動や就職先の相談等に応じています。就職希望者全員が希望を叶えています。

5. はじける藤華祭

 毎年11月上旬に学生自治会と実行委員会が中心になって企画・運営しています。模擬店や教室イベントなど、さまざまな催しが盛り沢山です。昨年は花火を打ち上げました。

6. 自動車・バイクでの通学もOK

 自動車、バイクでの通学が可能です。学生用自動車駐車場やバイクの駐輪場も確保されています。ただし手続きが必要になります。

7. 面倒見がよい教員団

 「 礼儀・感謝・奉仕 」を校是に掲げて、どんな学生に対しても真摯に向き合い、徹底的な学習支援を行っています。教員と学生の距離が近く、良い関係づくりができています。

8. 女子寮完備

 藤華医療技術専門学校 看護・助産学館から歩いて10分のところにあり、全室個室でバス・トイレ・冷暖房完備(全70室)とバランスのとれた美味しい食事で安心した生活がおくれます。


学校案内

学校長挨拶

 本校の教育理念は、医療の知識・技術はもちろん、豊かな教養と礼儀・感謝の精神を身につけた看護師、理学療法士、作業療法士、助産師を育成することです。
 本校は、平成4年4月に看護学科単科で開校したのち、理学療法学科・作業療法学科、助産学科を設置し、現在の規模に拡大しました。
 看護・助産学館とリハビリ学館を有する広大な敷地で、情熱あふれる教員と素晴らしい専門講師陣を招いての指導、さらに多くの臨床実習施設でもきめ細やかな実習指導をいただき、充実した教育を実現しています。
 こうした環境を土台に学生が夢を叶え、心豊かで品格ある医療のスペシャリストが数多く生まれ、地域や社会に貢献すること。それが、本校の願いです。

学校長挨拶

沿革

平成 4年 4月(1992年)
   九州藤華看護専門学校開設
   TOKA寮(1号棟)完成
平成 5年 3月(1993年)
   TOKA寮(2号棟)完成
平成10年 4月(1998年
   藤華医療介護専門学校に改称
   介護福祉学科(2年制)新設
平成13年 4月(2001年)
   理学療法学科と作業療法学科(3年制)新設
平成14年 4月(2002年)
   介護福祉学科閉設
   藤華医療技術専門学校に改称
平成21年 4月(2009年)
   助産学科(1年制)開設
   三重高校跡にリハビリ学館設置
令和6年 4月現在(2024年)
   卒業生数2,500名突破