園からのお知らせ(流行性疾患状況など)

見出し

平成30年5月15日現在
 現在、えのくま幼稚園では、発熱・鼻水・咳・風邪からくる胃腸炎など体調崩すお子様が数名見られます。中には、ご弟妹の方で※『ヒトメタニューモウイルス感染症』に感染したお子様の報告も受けています。全国的には、はしかの流行も見られるようです。連休中に、各地へ出かけられた方もおられると思いますので、お子様の体調管理には十分にお気を付け下さい。(はしかの潜伏期間は1週間です)
 また、頭しらみの感染報告が新たに入っています。子どもにはよく見られる様ですが、念のため、お子様の頭髪の様子をご確認され、疑いのある場合は、医療機関への受診をお願いいたします。その場合は、幼稚園にもお知らせ下さい。

※ヒトメタニューモウイルスとは
 風邪の原因の一つです。大部分は風邪で終わりますが、乳幼児や高齢者では重症化して気管支炎・細気管支炎や肺炎などを起こすことがあります。潜伏期間は3~5日です。3月~6月にかけて流行します。症状としては、咳、鼻水、熱などの風邪症状で終わりますが、細気管支炎、肺炎、気管支喘息の悪化、クループ様の症状を呈します。

見出し