保育福祉コース

■ コースの特徴
「福祉」の分野では、最短3年間で「介護職員」としての就職はもちろん、学園併設の専門学校に進学して「介護福祉士」を目指すことや、社会福祉学部などの大学に進学することも可能です。

「保育」の分野では、基礎学習に加え、音楽表現・造形表現などの学びを取り入れ、保育系の専門学校や短期大学への進学を目指します。受験対策から器楽(ピアノ)の基礎まで、進学後に役立つ知識や技術を身につけます。
また、病院や施設、学園併設専門学校での実習や、併設幼稚園の見学を取り入れ、具体的な意識や目標を抱くことができます。

■ 学びのポイント
1.本コースの学習で保育と介護から将来の進路を選択できます。
2.学園設置校「智泉福祉製菓専門学校」への優先的な入学が可能です。
3.福祉系大学・保育系短期大学・専門学校への進学もサポートします。

目標に向かって確実に進む専門性を高める進路設定

保育・福祉分野それぞれの目標に合わせた進路選択をサポートし、夢の実現に向かって学びます。

主な専門カリキュラム(予定)

●介護総合演習   ●こころとからだの理解
●基礎介護     ●コミュニケーション技術
●社会福祉基礎   ●社会福祉実習  ●生活支援技術 など

●保育についての基礎学習に加え、音楽表現・器楽(ピアノ基礎)
 造形表現などの学習を取り入れます。

取得できる資格

●手話基礎資格  ●点訳資格  ●福祉住環境コーディネーター
●保育技術検定1・2級(予定)
●ビジネス文書実務検定  ●情報処理検定   ●英語検定
●書写技能検定  ●漢字検定 など

将来の活躍の場

保育園、幼稚園、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、老人デイサービスセンター、グループホーム、児童養護施設、病院 など

Q&A

楊志館は手話に力を入れているのですか?

本コースでは、県下でもいち早く手話の授業をはじめました。全国手話スピーチコンテスト(東京)では過去13回の入賞、15年連続出場しています。

ボランティアに参加することはできますか?

大分国際車いすマラソンなど、課外ボランティア活動に積極的に参加しています。