古城 麻莉奈さん(情報科学高校出身)

 専門学校時代は、限られた時間で出来るだけ多くのことを学ぼうと、課題や実習に必死に取り組んできました。とても大変でしたが、実際に就職して現場で働いている今、あの頃勉強していた事が活かされていると実感しています。特に、敬語の使い方や電話応対などの接遇面は、2年間しっかり身につけておいて良かったと思います。医療事務の専門学校として信頼と実績のある母校の卒業生であるという誇りを胸に、どんな時も的確な応対を心がけながら、患者さまの不安を少しでも和らげる対応が出来るよう、これからも頑張ります。

佐田 千尋さん(大分商業高校出身)

 私は今、医療クラークとして働いています。主な内容は、電子カルテの入力と診察補助。受付と違うのは、診療を見聞きすることで、医療の知識を学べるところです。院長の横でカルテ入力をするので、診察中の院長と患者さまの会話を聞きながら、次に必要な作業が何かを先読みし行動すること、また、院内でほかに手が足りていないところはないかなど、常に周りの状況を把握することも心がけています。忙しく大変なこともありますが、とてもやりがいのあるこの仕事。これからも気配り、目配り、心配りができるスタッフを目指して頑張ります。