麻生 紗季さん(大分鶴崎高校出身)

 母が医療事務の仕事をしていたので、自然と自分も同じ道を目指すようになり、入学しました。今の職場は学生時代から学校を通じて紹介され、アルバイトをしていたので、就職した時にすでに慣れている部分も多く、とても助かりました。今は外来の受付や会計などのほか、昨年からは指導係として、新人の職員に色々と教える立場にもなりました。社会に出て思うのは、カルテの見方・医療知識や敬語をしっかり学ぶこと、特に学校で指導を受けた言葉の力をつけることの大切さ。コミュニケーションに必ず役立ちますから、学生のうちに本や新聞をよく読んでおくことをおすすめします。

江藤 友理香さん(杵築高校出身)

 校長先生が紹介してくれた介護施設で働いています。請求の作成や電話応対、介護ならではのやり方がありますが、戸惑うことなくできているのは、学校でしっかり教えてもらったおかげだと思います。医療事務の勉強をしたいと思ったのは、高校生の時入院して、そこで医療事務の方に優しくしてもらった経験と、高校の担任からすすめられたことがきっかけです。学校では、先生方が気さくで堅苦しくない雰囲気のなか、実践的な知識や技術を学んだり、バス遠足などでみんなと楽しんだり充実した日々でした。みなさんも学生生活を楽しみながら、頑張ってくださいね。

仲道 祐菜さん(大分高校出身)

 やりたいことが見つからず、母のすすめで入学した」のですが、今になってつくづくいい選択をしたと実感しています。専門学校に行ってよかったと思うのは、2年間で色んな役立つ資格が取れたり、同じ道を目指す仲間とみんなで一緒に教え合ったり、親しみやすい先生方から丁寧に教えてもらったりしながら頑張れるところです。また、内定をもらった時点で在学中から働き始められるのも、いいシステムだと思います。友人と楽しく過ごしたり、資格取得に向け腰を据えて勉強できるのも、社会に出る前の学生時代ならでは。毎日を満喫しながら過ごしてほしいと思います。

皆見 佳那さん(楊志館高校出身)

 担任の先生にすすめられ、体験入学に参加してこの学校に興味を持ちました。もともと資格を取るのが好きだったので、たくさん資格を取れそうだったのも入学の決め手でした。そして学生時代は、友人や先生と一緒に必死で勉強して、医科・歯科・調剤・介護のすべての資格を取得。なかでも一番自分に合っていると思った調剤の道を選び、現在の職場で頑張っています。働き始めてからも、一部の薬品販売ができる登録販売者の資格を取りました。薬剤師さんと患者さんの橋渡しや、後輩の指導もきちんとできる同じ職場にいる憧れの先輩のようになれるよう、これからも成長していきたいです。