後藤 絵美里さん(情報科学高校出身)

 高校では商業科でしたが、母が看護師だったこともあり医療事務の仕事に興味を持ちました。専門
学校時代は勉強だけでなく、医療機関やラーメン店でアルバイトをしたり、学校の仲間と遠足や
ボランティア活動をしたり、とても充実した日々でした。今の職場に入ってからは、最初は受付や
事務をしていましたが、現在はクラークの仕事をしています。院長先生のサポートや書類の作成
など色んな経験を積める、とてもやりがいのある仕事です。現場で役立つ幅広い知識や、励まし合える
友人を得ることができた専門学校は、行ってよかったと改めて実感しています。

森﨑 愛梨さん(大分商業高校出身)

 小学生で入院した時、受付の方が優しかったので「こういう仕事がしたい」と思うようになりました。
 同じ高校の近所の先輩がこの専門学校に進学して、色々と話を聞くことができたのもあり、ますます
運命を感じて進学を決意しました。専門学校では試験が多く大変でしたが、仲閒と一緒に助け合ったり
先生方も親身になってくれたおかげで色んな検定に合格できましたし、身だしなみや敬語など社会人と
して必要なことをしっかり学べました。今は医療クラークとして働いていますが、学校での勉強や経験
が色んな場面で役立つので助かっています。

後藤 佳那さん(日出総合高校出身)

 特になりたい職業がなかったのですが、親族のすすめで医療事務の仕事を知り、ネットで専門
学校を探したところ、2年で多くの資格を取れるところや、大分駅から近いので寄り道が楽しそう!
という理由でここを選びました。医療事務の勉強は、専門用語が多いのでまずそれを覚えるのが
大変です。でも、学校で学んだことは、接遇など含め卒業後勉強していてよかった、ということが
多々あります。働き始めて数年たった今、顔見知りの患者さまや先輩方からも可愛がっていただき、
楽しくやりがいあるこの仕事を選んで本当によかったと思っています。

竹内 茉央さん(明豊高校出身)

 中学の時、担任の先生のすすめで楊志館高校の医療事務コースを選択しました。高校では基礎を
学び、専門学校では一般入学とは別のクラスで、高校時代の仲閒と一緒により専門的知識を身につ
けました。現在の職場を選んだのは、実習を経験してみて、歯科や小規模なクリニックの雰囲気が
一番自分に合っていると感じたからです。数年経ちましたが、今でも大切にしているのは、患者さ
まのために一番いい対応はなにか、と考えながら動くこと。現場に出た時のために、今のうちから
敬語などマナーを含めてしっかり色んなことを学んでおくといいですよ。