ニュース

「ハートフル弁当」の楽しい余韻

学校行事
「ハートフル弁当」の楽しい余韻


 「ハートフル弁当」作りは「卒業制作展」とともに、本校生が卒業前に取り組む最後の活動です。
学生が、励まし支えてくれた家族の方々に感謝の思いを込め、2日間かけて調理する「ハートフル弁
当」は、和洋中の18品(筑前煮・豚角煮・マロンパイ・回鍋肉・ハンバーグ等)でした。出来上がっ
た弁当そのものの見応えとともに、手分けして調理していた学生の手際の良さとチームワークにも感
銘を覚えました。2段重ねの豪華な「ハートフル弁当」は今夕、食卓を飾り、家族みんなを笑顔にし
てくれるはずです。
 「ハートフル弁当」作りの2日目となる本日、多くのメディア(NHK,OBS,TOS,大分合同新聞
社)の方が取材に来られました。これには、先生方や学生も大変驚きました。「コロナ禍で暗いニュー
スが多い中、学生さんが感謝の気持ちで弁当を作るという明るい報道が出来るので取材に来ました」
と記者さんからお聞きしました。
 突然のインタビューにも、結構落ち着いて多くの学生が対応できました。皆で取り組んだ「ハート
フル弁当」は、慌ただしかったけれど、気持ちの良い楽しい余韻を残してくれました。