ニュース

最後の実習に全集中 日本料理実習

調理実習
最後の実習に全集中 日本料理実習


 本日が最後となる日本料理実習は、担当の渡邊先生と学生の思いの詰まった見応えのある時間とな
りました。
 実習は卒業考査と学校紹介パンフレットに掲載する写真撮影も兼ねていました。卒業考査の「鯵の
3枚下ろし」は、これまで何度も調理していましたので、どの学生も自信を持って調理できていまし
た。
考査後に下した鯵を使っての「鯵フライ」と「鶏肉とワカメの味噌汁」の2品も手際よく調理され、
1年間の成長を随所に見る事ができました。
 最後の最後に、全ての学生が固唾を飲み、全集中で見守ったのは、渡邊先生の模範指導の「鯛と鯵
の姿盛り」でした。大鯛と鯵、そしてアワビを見事な包丁さばきで調理し、菊の花、南天、笹の葉、
カボス等を色彩豊かにアレンジした大皿の立体的な盛り合わせが完成すると、拍手と驚きの声が上が
りました。