ニュース

豪華西洋料理&オムレツコンテスト

学校行事
豪華西洋料理&オムレツコンテスト


 終講式前日の西洋料理は、コロナ禍を忘れさせるような気合のこもった実習でした。食材も豪華で、
班(基本2人)毎に、鶏1羽のローストチキンやチョコレートケーキ、エスカルゴ料理を調理しました。
 西洋料理実習は今回を含め残り僅か2回です。師範台での成松先生の実技指導と説明は、いつも通
り懇切丁寧、明快でしたが、あわせて本日は調理師としての心構えを、ご自身の様々な体験を踏まえ
ながら触れていました。巣立つ学生への、はなむけのエールのように伝わりました。
 実習終了後は、恒例のオムレツコンテストでした。これまで何度も調理し、上手になった腕前を試
すコンテストに全員が取り組みました。卵2個分のオムレツを13皿並べてみると、結構違いが分か
りました。コンテスト結果は、新年早々に学生に伝えます。



 コンテストの体験を、和田 真希さんがまとめました。

 今年最後の実習は、西洋料理でした。そしてオムレツコンテストの日でもありました。オムレツは
西洋料理実習で、何度も練習してきました。最初の頃は、フライパンを叩いても叩いても回らなかっ
た卵も、クラス全員、練習を重ねる度に、コツをつかんで回るようになっていました。
 今日のオムレツコンテストは皆、いつもより緊張した雰囲気で作っていましたが、いつも以上に自
分達の力を発揮できたのではないかと思いました。私も、今日作ったオムレツが一番綺麗にできたな
と思いました。
 残りの学校生活も一生懸命、頑張っていきたいと思います。