卒業生の声

神志那 知子 さん

サンプル画像
癒しと感動を与えてくれる介護の仕事は私の天職。

楊志館高等学校出身 医療法人 松寿会 老人保健施設 やすらぎ苑(大分市)勤務 (平成11年3月介護福祉士学科卒業)

 高校の福祉科を卒業後、資格を取ってすぐに就職することも考えましたが、実習を通して経験を積みたいと思い、智泉に入学しました。智泉では、医学、心理学など高校の授業ではなかった分野の知識を深めたり、同じ志しを持つ友人たちにも恵まれ、充実した学生生活でした。現在はやすらぎ苑でフロアの副主任として、介護だけでなく職員のケアや利用者様のご家族への対応、学生の実習指導など、さまざまな業務を担当しています。大変そうだと言われますが、利用者様方からの「ありがとう」の言葉や、周囲のサポートに感動する毎日で、この仕事を辞めて他の事をやりたいと思った事はありません。
 私が学生の実習指導でよく言う事は、介護の仕事はサービス業だということです。この道を目指すみなさんも、相手の立場に立ち、どうしたら喜んでもらえるかを考え、行動することを心がけてみてほしいと思います。介護の仕事は、介護する私たちの方が、逆に利用者様の方から癒されたり、学ばせてもらったり、自分も成長できる職種であり本当に楽しい仕事です。
 皆さんも、いつか信頼される職員となるべく、目標を持って頑張って下さい。